タイル重い問題&秋タイルのご紹介【その1】

こんにちは!すっかり涼しくなってきました🍂

東京ショールームでは、総合カタログには掲載していない新しいタイルを展示し始めました!

新パンフレットが発行されました!ここに掲載されているタイルを新たにショールームに設置しました。

秋っぽいタイルではなく、
「秋に新しく展示したタイル」で秋タイルです。
今私が付けました、すみません。

タイル重い問題

ところで皆さま、タイル1枚の重さは何キロがご存知でしょうか。 

300角・・・1.9キロ
300×600・・・3.7キロ
600角・・・8.3キロ 
750角・・・13キロ
600×1200 ・・・16キロ(16きろ!!!!!)
*タイルは種類によって重さに若干の違いはあります。

重!!

上の写真は750角なので、1枚13キロです。これでもかなり重そうです。

どやがお?

↑タイルを固定する棚(什器)を設置するシーンです。

営業から帰ってきた後、掃除をして設置場所をきれいにしているところを撮りました。

1つ1つ設置していきます。

300角(1.9キロ)くらいまでなら電車移動でいけそうですが、

16キロとなると周囲の目が気になりそうですね。

だけど、石材と比べると・・・

本物の石材と比べるとタイルは80%くらいの重さです
(*弊社で取り扱いのある石とタイルの300角を比較した場合)

軽ければ軽いほど躯体への負担もかかりにくいです。
・躯体への負担を軽減する
・メンテナンスに手間をかけない
・金額を抑えたい

以上のような場合はタイルの方が石よりも良い時もあります。

ケースバイケースになると思いますが・・・

最近は壁に大判タイルを貼る場合が増えているので、
その場合はリベット工法(詳しくはこちら
・ビームハール工法(詳しくはこちら)など金具を使用して安全に施工する方法も出ています。

タイルの種類・大きさによって工法は変わってきます!


詳細はタイル各ページをご覧頂くか
営業の方にお問い合わせ頂ければと思います。

建築関係の皆様は、
ご存知の方が多いかもしれませんが、
商業施設などを始め、マンション、最近は一般住宅の外構でも、目地が少なく済む大判のタイルが主流です。

タイルを設置してくれた営業メンバー、
そして、いつも現場で施工して下さる
タイル職人の方々には本当に頭が下がる思いです。

秋タイルご紹介!

今回発売される秋タイルは計19種類です。
600角を超える重たい大判タイルを多く扱っています。

全て順にご紹介させて頂きます!

*入荷日未定の記載があるものもありますが、
既に国内に在庫があるものが多いです。
ぜひ在庫状況は、各営業所に
お問い合わせ頂ければと思います。
(東京営業所:0353199521)

①【シルバーレイク】

自然な石の風合いが特徴。近年はモルタル調、
テラゾー模様が商業施設で多く取り入れられていますが、

それらとは一線を画した「和」の風合いを大切にしたタイルです。
旅館を手掛ける設計さんの間で
候補にあげて頂いています。

・メイドイン ITALY(洗練されたデザイン)

・値段に注目(質は落とさず価格は落とす)

・手触りは結構ざらざらしています
が、引っかかるというほどの抵抗もないです。

4色あります!
浴室床にも使用可能です。
600×1200、600角、300×600の3形状です。

30番色はかなり色幅があります。他の色はそこまで大きな色幅はありませんが、

気になる方は是非サンプルを取っていただくか、
ショールームでご確認くださいね!

②【テラゾル】

とにかく大きな「人造大理石」模様(=テラゾー模様)が特徴です。
大きさは750角オンリーです!
*人造大理石…大理石の端材を模した模様です

テラゾー模様できっとテラゾルになったんだと思います、
単純明快で覚えやすいですね。

実寸大の大きさを撮影したのですが、フレームに収まりきりませんでした。迫力が凄い。
色は2色。それぞれマットと磨きのご用意があります。
床は室内のみのご使用をお勧めします。
なんとも主張強めなテラゾーです。
好みが分かれそうだなと個人的には思いますが
(自分の家にはちょっと貼りたくない)

商業施設とかで見たら印象に残るかもな~と思います。

③【セピーノ】

たてかけた奥の40番色の色幅がすごいです
色幅というより、色の分離が進んでいるような…?

・壁も床も屋内外共に可

・ついでに浴室も使用可能です!

実は、浴室に実際して頂く機会というのは
あまり多くはありません。

それでも滑りにある程度耐性あるタイルであることの
証明になりますので
(社内で滑りに対する数値基準を設けており、
その基準をクリアしたタイルのみを浴室使用可としています。)

こういったタイルは、トイレやエントランス
(屋根はあるが雨の降った時に人が往来すると水気が気になります)
などでご検討頂くことも多いです!

④【ガーデナ】

筋!
自分が撮影した写真と
あとのイメージ画が全然違いますね。

うーん。

きっとこれは写りは微妙でも
実際にお会いすると素敵!パターンのタイルですね。
タイルも人も実際に見ないとわからないことが
多いですよね。良し!

⑤【カルカリオ】

4色展開です!
上:グリップ 下:マット

グリップの方は表面が若干波打っているのが
ご確認頂けるでしょうか。

マットは完全にフラットです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です